売掛金を現金化するならファクタリングの専門会社にまずは相談

Factoring

審査は売掛先の信用度だけではない!自社の決算も!

ファイル

ファクタリングはキャッシュフローの改善として期待され、売掛金を売買し、効率良く資金調達する方法です。審査では、取引先の信用度、取引履歴といったことも審査されます。自社の信用度や赤字決算でも審査に影響が無いと謳っているものの、実際には2期分の決算書の提出や資金繰りの悪化が一時的なものといった条件が定められていることもあります。そもそも、3社間ファクタリングの場合、自社はファクタリング会社から資金を調達し、取引先はファクタリング会社に入金することになります。この場合は、売掛債権が直接ファクタリング会社に入るため、自社の状況はあまり影響しないと言えます。
一方、取引先に知られず資金調達を出来る2社間ファクタリングですが、返還請求の義務が無いものです、自社が倒産するリスクがある場合、高い確率でファクタリング会社は回収困難となります。また、自社の決算書類が必要となり、月次報告書を求められることもあります。
そのため、ファクタリング会社の審査を通過し、高い評価で資金調達をするためには、日頃から管理会計を重視することも重要になっています。もし、自社の状況が思わしく無い場合は、3社間ファクタリングにより取引先の信用度を有効活用するなど、経営的な判断も必要です。

TOP