売掛金を現金化するならファクタリングの専門会社にまずは相談

Factoring

ファクタリングは売掛金以外にも!建設業や運送業もOK

悩む男性

ファクタリングは、売掛金の売買により資金調達をする方法として知名度が上がっています。ですが、世の中には、売掛金とは異なる売り上げがある会社も少なくはありません。建設業なら工事請負代金債権、運送業なら運送料債権といったようになっています。売掛金債権といって、名称が異なることから諦めてしまうこともありますが、ファクタリングなら工事請負代金債権や運送料債権も売買することが出来ます。
そのため、建設業にとっては高額な資金調達をすることも可能であり、事業拡大だけでなく、新たな受注チャンスを掴む事も可能です。特に建設業にとっては、一つの工事件名が終わった後、直ぐに工事件名を受注しなければ仕事自体が無くなることもあります。ですが、工事を受注すれば材料費や人件費も掛かります。工事請負代金の場合、工事完了と引き渡し後に支払となるケースもあり、新たな仕事を確保するには資金繰りが難しくなります。
ですが、建設業や運送業に強いファクタリング会社も中にはあり、工事請負代金債権や運送料債権を買取することを明記しています。最近では、業種ごとに最適なファクタリング会社を紹介するサービスを充実しているため、売掛金債権に該当しないと思い込まず、申し込みするのがおすすめです。

TOP